(お父さん) シャワー水栓交換


今の家に引っ越して来る時に、お風呂と洗面台だけはリフォームしたんだけど、
それでも10年経ってしまい、お風呂のシャワー水栓は1年以上前から水が完全に
止まらず、ポタポタ垂れてる状態だった。
old
シャワーの切り替えのつまみを交換した時が本体も交換時だった気がする。

といわけで、先週、山下のシマホで嫁さんと選んだんだけど、いくつかの
こだわりポイントをクリアした唯一のものが品切れだったので、注文しておいた。
で、台風の中、受け取りに行った。こだわりポイントとしては、
・白やグレーのプラスチックを使っていないこと(見えないこと)
・ホースがメタルっぽいこと
となると、KAKUDAIというメーカーの174-373しかなかった。
これ、Amazonで見つからないし、Googleで検索しても出てこない。
ホームセンター専用商品なのかもしれない。
似てるやつはこれ。

ちょうど台風で外へ行く気にもならないし、作業開始。
まずは水道メーターのところにある元栓を締める。
で、旧い水栓を撤去。クランクを外そうとしたら、片方は根本から取れた。
zalbo
この取れた部品は「ザルボ」というらしい。
困ったなーと思っていたら、内側が六角になってることを発見。
こんなサイズの六角レンチもってないよなー、と思って工具箱あさったら、
なんと、ポルシェ911のオイルドレンボルトを外す六角と同じサイズではないか。
12mm
この12mmの六角だけは、ちゃんとKTCを持ってたわけで。
手持ちの工具がばっちりハマると快感だよなー。
といわけで、ポルシェオーナーの方はザルボ外れても安心ですねw
(ポルシェ持ってて、自分でザルボ締める人は日本に5人くらいしかいないかも)
off

というわけでザルボを旧クランクから外して、シールテープ巻いて元の位置へ。
締め込む時も六角とラチェットでらくらく。なんかちょっとウレシイ。
Rachet
あとは新しいクランクを装着。「逆回ししたら、最初から」的なやつも多いが、
この商品はうまいことできてて、逆回しが発生しないしくみになってる。
crank
カクダイさん、エライ。
本体を取り付けは水平にね。ええ、几帳面ですよ。
suihei
て、シャワーもつけて作業完了。と思ったらクランクと本体の間にパツキン挟むの
忘れて本体取り付け作業は2回。水平ね。
というわけで完成。ザルボがとれなければ1時間で終わったかな。
complete
ちなみに、シマホに取り付け頼んだら12000円だったかな。
というわけで、工事のご依頼お待ちしてますw

この記事を書いた人:

Ryo ShiraoITお父さん
モバイル端末・ラーメン・旧いクルマ・娘自慢・ネコ自慢・IT関連の事などをつらつらと書くフツーのお父さんです。ITで社会をよくするシゴトをしています。

whoami : http://about.me/ryoshr
twitter : @ryoshr
Facebook : @ryoshr
Instagram : @ryoshr
Linkedin : @ryoshr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です