(IT) iPhoneにSuicaがやってきた


(改札通過したので、加筆修正(2016.10.26)

まずは、iPhoneのOSを10.1にする。
「設定>WalletとApple Pay」にSuicaの登録をするメニューが出て来る。
とりあえず手持ちのSuicaがないので、pasmoを読み込ませてみようとしたが、
当然だめ。

select_card
iPhone7だけに出てくるメニュー。
pasmo_read
pasmoは当然読めない(笑)

マニュアルページに従って、アプリをインストールして仮想カードを作成。

suica_apps
Suicaアプリ。
sf_card
クレジットカードは何でもいいっぽい。

何事もなくチャージまで完了。ついでにANAカードも追加したら、IDが使えるようになった。
Expressカードは登録できず。EX予約はiPhoneには対応する予定がなさそうだ
過去に持ち上げた記事も書いたのになあ。関係ないけど(笑)

cmplete_card
登録完了。
miss_card
Expressカードは非対応(笑)

改札通過実験は夜になってしまうけど、会社にあるベンダーで支払いの実験。
たまたまリーダーがSuicaにもIDにも対応しているからか、支払い時に
TouchID(指紋認証)を求められた。ワンタッチ余計に必要なようだ。
Android(というかお財布ケータイ)はあてるだけでよかったのに。
改札通る時はTouchIDないといいなあ。

jihanki_suica
Suica選択時。
jihanki_id
ID選択時。

支払いをしたら、通知が来るのはiPhone特有?
(Androidの事忘れたw)

夕方帰宅時に最寄りの駅で初タッチ。
指紋認証はないと予測して通過したけど、やっぱり認証不要。
かざすだけで通過できた。その後、通知も来るのな。
GPSとかいろいろ連携すれば、会社の経費精算とか全自動でできそう。
「ようやく世界が日本に追いついた」という感覚よりも、
「日本がまたちょっとリードした」感。
ガラパゴスにならずに標準になるといいね、これ。

message
通知
kisatsu
改札ではtouch-ID不要

というわけでまずは速報。

(クルマ) セルシオでiPhoneを聴く


どんだけiPhone聴きたいのかと(笑)
W124の後継の反省車としてうちにもらわれて来たメガーヌ、問題発生。
もともとマニュアルであることは伝えてあったのだが、嫁さんが
運転できないことが判明。問題はミッションではなくてサイドブレーキ。

http://bleumonaco.blog.so-net.ne.jp/2010-03-23-1

特殊な形状のサイドブレーキなのだが、これが見事に扱いづらく、
握力の弱い女性では、素でリリースしづらく、坂道発進にいたっては
両手でサイドブレーキを操作するというアクロバティックな感じに(笑)
事実上、彼女は運転しなくなり、日々の買い物にも困ることに。
「レバーでパコって外れるやつにして。あとできればATで」という
命令が下るまで、そんなに時間はかからなかった。
celsior_leber
サイドブレーキレバーの向こうにどんな車体がついているかに拘らず、
また、価格も抑えて、となると選択肢はそんなになくて、気がついたら
トヨタ車の産地近くの修理工場まで新幹線で行って白いセルシオを
引き取っていた。

20世紀のセルシオのオーディオは純正の6連CDチェンジャーとラジオ、
そして、カセットテープがかかる仕様で、AUX入力はサポートされていない。
celsior_audio
ちょっと前のオレなら、オーディオを新しいものに交換してしまった
はずだが、最近ノーマルのまま乗ることの価値も感じ始めていたので、
今回あえて、このユニットは交換しないことにした。

カセットテープメディアは家にはもう1本もないのだが、カセットテープ
プレイヤーを使ってAUX入力できる夢のデバイスが存在している。
1000円しないものもあったが、今回はSONY製をチョイス。
一応、ヘッドクリーナーも同時購入。
celsior_tape

カセットを入れる穴からちょろっと線が出てしまうので、iPhone置き場と
想定している肘置きの下まで配線を隠すため、シフトレバーまわりの
パネルを外して線を埋める。
パネルを外しただけでも、トヨタ車の設計のかっちり具合の凄さに
感動すらする。適切に力を入れると簡単に外れるが、ガタついたり、
ギシついたりすることはなく、ピッタリはまる。
celsior_dash
純正のウーハーも動作してなかなかの音でiPhoneに入っている
音楽が再生できた。
当時の雰囲気を残したまま、というのが気に入っている。

(クルマ) ルノー・メガーヌでiPhoneを聴く


もう嫁に出してしまったクルマだが、万が一同じことをしたい人がいるかもと思い、
一応まとめておく。

メガーヌの純正オーディオには、液晶表示部分がなく、表示はすべてダッシュボード上の
外部温度計なんかの表示をしている液晶の中にまとめてされる。
なので、オーディオをまるごと入れ替えると、ここに表示が何もされなくなるのが寂しいのと、
ステアリングの横にコントローラーがあって、ステアリングから手を離さなくても
オーディオの操作ができるようになっているので、社外品に入れ替えるアイディアは
最初からなかった。
とはいえ、純正オーディオを外す時は四隅も穴に何か刺して本体を引き抜く。
IMG_0612
刺したものを左右にゆするとどうすればいいかわかるはず。

そのままでもCDはかかる(1枚だけ)が、iPhoneに入っている音楽を聴けないことについては
家族からクレームがあった。アマゾンを探していたら、こんな商品を発見。

とりあえず買った。
到着したみてら、なるほど、ディスプレイに行ってるコネクタに接続してオーディオ本体へ
させばいいのであった。なるほど。
59CCEFE0-2950-40BC-8BD7-2561024484E8

それにしても、ルノーのオーディオ、電源系の配線を一度外すと4桁のコードを入力しないと
起動しない仕様。最初びっくりしたけど、マニュアルの最終ページに手書きで書いてあるのを
発見した。Wifiのアクセスポイントのマニュアルと同じ感じ(笑)

そして、AUX系の配線があるからといって自動で認識してくれるわけではなく、SOURCE選択時に
AUXも出すためには「エキスパートモード」になる必要がある。無駄に面倒くさい。
3D836EEB-CA7B-4020-987A-DE76EE19D686
エキスパートモードに入るには音符マーク「♪」を長押しな。

果たして、純正オーディオにAUX入力が可能となり、iPhoneに入ってる音楽が聴ける
ようになった。後進の各位の参考になることを期待している。
70972836-2CE5-4A75-A569-55F8DF76C9A8

雑な記事だけど、ちょっとは参考になるだろう、的なw

(IT) 手元においておきたい旧いiPhoneを活用する3つの方法


今となっては最小のiPhoneとなった5s君を下取りにだしたり、
オークションに出したりせず、手元においておきたいと思うは、
ガジェットヲタクだけではないはず。
そんなあなたに提案する3つの方法。

(1)PCのトラックパッドとして使う(投資額:ゼロ)

remotemouse
Remote Mouse
Macのポインティングデバイスであるトラックパッドと
同じように使えるようにするアプリがある。
MacPCでもWindowsPCでも使える。
テンキーとしてもつかえる。
手元においておけば、AIMの仮想認証デバイスとしても(ry
ただ、Windowsではピンチが使えない。

使用例

使用例


wifiでPCと接続するので、ケーブルから開放される。

 

(2)家電(いえでん)の子機として使う(投資額:約1万円)

Panasonic デジタルコードレス電話機 親機のみ スマホ連動 Wi-Fi搭載 ホワイト VE-GDW03DL-W

Panasonic デジタルコードレス電話機  Wi-Fi搭載  VE-GDW03DL
Wi-fiに対応した家電(いえでん)の親機。
これさえあれば、ほとんどのiPhone、Androidが
家電の子機として使える。
詳しい説明は別の記事で。

GDW03

アプリはこっち。
Android版もあるし、当然、使えるSIMがはいってて
現役で使ってるiPhoneも子機で使える。
電話帳もそのまま使えるし、家電(いえでん)回線からかけるか、
フツーの携帯回線からかけるか選べる。
(ただ、iPhone6sは今日(11/7)現在サポートされていないらしく起動しない)

 

(3)監視カメラとして使う(投資額:ゼロ)

manything
あちこちで紹介されてるけど、電源さしっぱで固定して
設置しておけば、画像に変化があった時に
警告してくれたりする。
防犯、ネコ監視、お年寄り監視などにいいかもね。

 

他にもいろいろあると思うけど、オススメはこの3つかな。
そのうちもっといい使いみちというかアプリが出るかもね。
こういう電話としては現役引退したスマートフォンを活用
するようなところに新しいマーケットってあると思うんだよなー。

(IT) iPhoneを機種変したらAWSにログインできなくなった


AWSのサービスコンソールにIAMでログインするのに仮想MFAデバイスとして
iPhoneのAuthenticatorを登録してあった。
itunes_authenticator

そんなことはすっかり忘れてた頃に先日iPhoneを機種変したんだった。
たまたまAWSから請求書が来たタイミングで気になることがあって、
サービスコンソールにログインしようと。
新しいiPhoneにも入れてあったAuthenticatorを使ってコード表示させて
コードを入力してもこんな画面。
Auth_Erro

うーん、そのままは使えないのな。
何回かやってもダメだったので、ページ上の「Contact us」ボタンをポチッと。
(実はこのボタン押したの2回目(告白))
予想通り、英語で電話がかかって来たので、英語のできる同僚に頼んで、
日本語でかけ直してくれ、と言ってもらった。

どうやってもログインできない中、ふと手元にマウスとして使ってた旧iPhoneが(笑)
mouse_iphone
そこに入ってたアプリのコードで無事ログインできた。(早く気付けよ)

IAMコンソールでデバイスを削除。
Delet_device

新しいiPhoneを登録。
スクリーンショット 2015-11-05 14.04.28

無事登録完了して、ログインもできた。
スクリーンショット 2015-11-05 14.05.41

たまにしかコンソールに入らない怠け者管理者は、機種変の前にMFA登録したデバイスの
削除をしておくことをお忘れなく。

と、ここまで書いたトコロで、日本語でAWSサポートさんから電話(笑)
すみません、おかげ様でなんとかなりまして、といいつつ、旧端末がなかった場合は
どうなりますかと聞いてみたら、電話で確認が取れたらAWSさん側でデバイス削除の
オペレーションをしてくれる、とのこと。
英語でかかってくる一発目の電話に耐えられるなら、何もしなくても大丈夫かもw。