Ryo Shirao について

半分老害のような小言・ラーメン・旧いクルマ・娘自慢・ネコ自慢・IT関連の事などをつらつらと書くフツーのお父さんです。主食は焼き鳥、餃子は飲み物です。日々のつぶやきはtwitter(@ryoshr)にて。facebookも ryoshr です。 blogの記事に対するコメントは、即時反映されませんので、ご注意ください。人力モデレートです。 whoami : http://about.me/ryoshr twitter : @ryoshr Facebook : @ryoshr Linkedin : @ryoshr Instagram : @ryoshr

(お父さん) ウエイクで断捨離


自宅の売却、引っ越しを目指して絶賛断捨離中。
「ジモティ」活用して不用品の処分をしてて、コタツとか除湿機とかは瞬殺だったし、シングルベッドもひな壇も貰い手がついた。

しかし、古いタンスとか座卓とか体積のデカイものはどうやらジモティに向かないらしい。反応が鈍い。なかなか片付かないのも気持ちわるいので、問い合わせのない大物に処分を決意。
横浜市では粗大ごみは市内の4箇所で受け容れてくれる。比較的うちから近い港南ヤードは夜9時まで営業。

13年超車の重課税に負けて愛車セルシオを先日手放してしまったわけで。セルシオ、セダンにしては荷物運ぶ能力すごかったんだが、多分、座卓は乗らなかったと思うよ(笑)。で、今回の粗大ゴミを運ぶアシはないから、最近契約した「Times CAR SHARE」で室内が広いと評判のウエイクを予約。3時間でいいかな、的な。

そして、クルマの予約だけではなくて、ゴミ処理シールを買わないといけない。
サイトで持ち込むものを予約すると、いくら分買っといてね、という指示が来る。

前日に近所のコンビニで買っておく。

果たして予約の時間にチャリでクルマが置いてある場所へ。

あ、なんだよ、ここワンボックスみたいなやつもあったのかそっちのほうがいいじゃんか(笑)。なんて思っても後のまつりだからウエイクでGo。
26インチのチャリなんか楽勝で載るという証明で乗ってきたチャリを積んで家へ。

さーて積むぞ、というわけで、第一便は座卓1、タンス1、ハンガーラック2、大きなゴミ箱1、スチールラック1。

いやあ、ウエイク、すげえわ。荷室の幅はそうでもないんだけど、高さがすげえ。
モノを中にいれてから向きを変えるとかが楽勝。シートとかもうちょっとフラットになるとさらにいいと思うが。
ヤードについて、ちわーっすって言うとお父さんがわらわら出てきて、「あー、シラオさんね、何回に分けて来んのよ」みたいなお出迎え(笑)。多分3回かなーとかいいながら荷物降ろす。リストをチェックしつつ、チケット(シール)を渡す。そして家に戻って第二便の積み込み。この便は単行本とかCDとか用の薄いけど背の高い棚を運ぶんだったんだけど、ウエイクの高さが炸裂した。
ちなみに第二便は座卓1、タンス1、本棚1。

運転席の頭上にまで荷物が来たけど、普通に運転できるレベルだった。ブレーキ時に前にずれてこないような細工をして第二便も無事にヤードへ。第三便はスッカスカ。
第三便はタンス1、テレビ台1、ハンガーラック1。

第三便をヤードで降ろし、クルマを戻したら、予約の1時間前に返せた。
なんと2000円ちょっとで済んだ。

というわけで、1万円ちょっとで大物の断捨離を終了。
でもこれでおしまいじゃなくて、あと数回はこれをやらないとダメな予感。

というわけでまとめ。
・Times CAR SHAREむっちゃ便利で安い
・ウエイクの運搬力ハンパねえ
・ヤードのお父さんたち、割といい加減(笑)

横浜市内で断捨離するお友達のお手伝い、しますよー。

(クルマ) 20セルシオリアシート脱着


なぜリアシートを外すのか?そこにシートがあるからか?いや違うw

トランクに置くタイプのサブウーハーへの配線を室内からトランクへ通そうと思ったらリアシートを外さないと駄目だ。昔、センタートンネルっていって、長尺の荷物(主にスキー板)を通すためにトランクから後席への穴があいていた車種もあったが、20セルシオは静粛性(リアタイヤからのロードノイズ低減)のために、隔壁(ファイヤーウオール)がある。そしてマメに防音材も貼ってあって、どんだけ静かにしたいんだよ、という感じ。今回シートを外したのはケーブルを通すんではなくて、通したケーブルの撤去のため。

リアシートの座面はカシメでハマっているだけなので、うりゃっとはずせる。
問題は背もたれ部分。普通のクルマは背もたれの下で固定しているボルトを数本外せば、背もたれは上の方でひっかけてあるだけなので、上にずらせば外れてくるのに、セルシオは丁寧に隠されたネジを外す必要がある。ご丁寧に隠してあるんだ、これが。

3つあるヘッドレストの後ろに隠しボルトがあって、これを外して初めて背もたれが外れてくる。
これを外すとようやくトランクとの配線を通す穴にアクセスができて、ケーブルを通せる。
(今回は外したんだけどね)

トランクゴソゴソしてたら、フューエルリッドの手動オープナーと純正工具入れを発見。
ピッカピカの純正工具出てきたから、思わず別売りしちゃおうと思ったけど、そっと元に戻すなど。

そしてセルシオのオーディオのパワーアンプは運転席の下にあるのだが、後席用のエアコンの出口でしっかりガードされている。何か意味があるんだろうけど、面倒くさいわい。

というわけで、セルシオドナドナに向けて後付パーツを取り外し、すっからかんにした。
ドナドナ前の純正化は過去にもやったなあ。
クルマを手放すためのいつものセレモニーなんだよなー。

今回はETC外すのが割と面倒だった。前オーナーがシガーライターではなくて、オーディオから電源取ってたから。

(クルマ) 「フォードvsフェラーリ」観てきた


前から書いてる通り、基本ポルシェ派ではあるんだが、観ないといけない気もして観てきたわー、映画館で。
ネタばればりばりなんで、まだ観てない人はここでさようなら。
冒頭、マッド・デイモンが赤い356ぶっとばすシーンがポルシェ派としては最後の見どころw。
オレ的に泣いたのは3箇所。

1つ目はヘンリー・フォードがGT40の助手席で泣きながら「親父を乗せたかった」と言ってたところ。
2つ目はケン・マイルズがル・マン24時間のゴール前減速するところ。右手でシフトを下げてたところ。
最後は、ゴール後に優勝じゃなかったとき、シェルビーとケンが肩を組んでたところ。

そして個人的には、フォード親子とケン親子の相似的に血縁に受け継がれる熱い何かとか、
ビジネスの象徴であるスーツ族への批判への共感、かなあ。男の子、うらやましい。
とわいえ、フェラーリがずっと悪役ってところがアメリカ映画だよねw

この歳になっても「君、わきまえたまえ」と、言われることはあっても言うことは多分一生ないので、
きっとオレは「わきまえるべき立場」でずっといるんだろうなあと思ったよ。
ちっとはわきまえろ>オレ

(時事) マイナンバーカードの電子証明書更新


電子証明書の有効期限が概ね長くても5年というのは意味があるとは思う(詳細は割愛)。だからプラスチックカードの中のICチップに書き込まれた証明書を一定期間で更新しないといけないということには抵抗はない。まあ普段、インターネット上のサービスを運営する会社で働いているので、サーバーに入れてあるSSL証明書の更新などは日常的なオペレーションなので、特別な印象もない。
そんなオレ個人のマイナンバーカードのICチップに入ってる電子証明書の更新の通知が郵送されてきた。ネットで予約して、区役所へリアルに行って更新しないといけない。行かないという選択肢はないんや。ネットで完結しないもんかなー、これ。そして、記憶では前回のものは3年期限だったが、今回は5年になるらしい。
マイナンバーカードはe-tax(確定申告)だけで使ってきたが、最近コンビニでの行政書類の取得に使える(事前申し込みは必要)ようになって、ちょっとだけ便利に使っている。
区役所へ予約時間の少し前についたが、窓口が高齢の方で賑わっている。お上に言われて素直にマイナンバー作った人は高齢者が多いのかもと想像した。根拠ないけど、若い人は作ってない人が多いように想像している。先日書いたとある書類でもマイナンバーカードではなくて、「通知カードのコピーを貼れ」ってなってたしな。
そして待ち合いの椅子で待っていると、ブースの中での会話が漏れ聞こえてくる。耳が遠い人なのか、大きな声で会話している。それにしても高齢の方はパスワードを覚えていない笑。ナンマイダーとマイナンバーの区別も怪しい人達に電子証明書の説明とパスワードの再設定を説明する職員さん(多分委託)たちは本当に大変そうだった。高齢の方は電子証明書なんて馴染みがないだろうしなあ。俺は記憶しているパスワード(3種類)が正しいことを確認させてもらって、パスワードの再設定はしなかった(書く書類が1枚少なくて済む)。

そして、5年後は電子証明書だけではなく、カード自体の交換もあるそうで、窓口のごった返し具合を想像するといまから吐き気さえする。やっぱこのICカードをベースにした行政サービスは最善のものかどうかはわからないな。すべての人がスマホを持ってるわけではないことから、スマホ認証にはできず。カードをゼロにすることはできないんだろうし。とはいえ、俺がナンマイダーと区別がつかなくなる前に全部生体認証とか体にチップ埋めるとかしてパスワードから開放されたいなと思ったよ。

(時事) MILIKETアレンジにチャレンジ(笑)


ベトナムの乾麺の代表「MILIKET」。

会社の同僚のベトナム土産でいくつかもらう。
紙の袋に入ってるところが、またそそるよね(意味不明)。
鍋にお湯をいれて麺をほぐすのかと思ったら、器に入れてスープもあけて、お湯を入れて3分待つというチキンラーメンスタイルだった。

■まずはプレーンに頂く。

とりあえず、何も考えずにそのまま食べる。
量も少ないし、おやつに最適。ベトナムのIT業界の人にはさっと食べられるというので人気があるらしい。
しかし、若干味が薄い。タイに駐在してた経験から想像するに、アジアのヌードルはデフォルトの味の設定は薄く、自分でトッピングや調味料を追加して好みの味にして食べるんだと勝手に考えて何か合うものを探してみる気になったりして。

■パクチーなのか。

アジアと言えばパクチー(偏見)。
家に常備しているチューブのパクチーをお湯をかけるまえにムリっと絞ってみた。
香りは想像通り。一口食べる。んんん、何かが違う。方向性は間違ってはいないが、45度くらいずれてる。これじゃない感。

■中華あじなのか。

家にある調味料の中でそれっぽい感じがしたので、チャーハンとか炒めものに使う「中華あじ」投入。
まずくはない。というか、日本のインスタントラーメンに味が寄ってきてる感じ。食べ慣れた味だし、全然美味しく頂けたのだが、アジア感が薄まり過ぎてこれまたこれじゃない感。どこへ向かっているのか若干迷走気味に(笑)
最後にネギまで投入して美味しく頂いたわけだが、MILIKETである意味が失われていく・・・。

■ナンプラーで決まり。

ここまでfacebookで共有していたわけだが、複数の友人から「ニョクマム」を推す声を頂いた。しかし、家に「ニョクマム」は常備していない。買う前に少し調べたら、ニョクマムはベトナムの魚醬だが、タイのナンプラーもほぼ同じ味とのことで、なければナンプラーを買うつもりだった。
果たしてスーパーにはニョクマムはなく(後から気がついたけど、カルディ行けばあったのかも)、ナンプラーを購入。満を持してMILIKETヘ投入。

うまーい。
これだ、このアジア感。最高だ。もしかしたら、他の料理でもいけるかもしれない。というわけで、ナンプラーを食べるための料理のアイディアをお待ちしております。迷走することを楽しむ派。