(IT) デュアルSIM端末を買う。


しばらく出張することが多くなりそうなので、海外で使うための
携帯端末を取得することとした。当初はiPhone5のSIMフリーを
バンコクでゲットしようと思ったが、なんだか安くないし、
国内での使用に若干不安があるようだし。LTEが使えないとか
キャリア限定されているとか、nano-SIMにするには切らないと
いけないとか。そこまでApple信者ではないし、実物もみたけど、
なんだか面倒な手続きをしてまで欲しい端末ではなかった。

条件としては、持ち歩く端末の数を減らしたい、ということと、
現地での通信を安く済ませたい、という条件を考えると、
デュアルSIMがいいよな、と思い始めた。怪しい中華端末ではなく、
HTCやSamsungからちゃんとした(?)デュアルSIM端末が出始めて
いたので、そこらあたりからセレクトしようということにした。

新し目の端末を検索すると、Galaxy S Duosという端末があって、
これがデュアルSIMで値段も3万円くらいということで、これに
目星をつけた。
海外で仕入れて日本に送ってくれる業者へ確認したが、日本への
到着は10月中旬以降になるという回答だったため、事前に入手は
あきらめて、現地到着後早めに現地で調達することにした。

いろんなブログをみても、バンコクで端末を買うなら、MBKという
モールの4階へ行けというのが鉄板らしい。前回の出張の時に
Nexusone用にSIMを買ったフロアだ。

ちなみに、相場は前回とほぼ同じで1バーツ=2.6円くらい。
前回気が付かなかったが、このフロア、奥まで全部端末屋だ。
なんだろう、ワンフロアが日本の大きめのデパートの数倍あって、
昔の秋葉原のラジオデパートみたいなちっちゃい店がギッシリ。
100店よりも多いと思うなぁ、多分。
ちなみにiPhone5の16Mが22500バーツくらいが底値。6万円弱かな。
明らかなニセモノはあまりなくて、本物に見えた。

目的のDuos、Galaxyが並んでる店には大抵モックがおいてある。
いくら?と聞くと一声目はみんな10500バーツという。
値切り始めて、しばらくすると、どの店の店員も「ちょっと待て、チェック
してくる」と行って、奥の方へ消えていく。
どうやら、在庫を持ってる問屋らしき店が何店かあって、そこは
すっごい地味な構えの店で、一般人が気安く声をかけられないように
なってる感じ。知らん顔して「在庫あるか?」と聞いても
「Finish」しか言わない。一見さんお断りだそうだw

5~6店回って、大体9800が底値かなぁ、と感じていたところ、
9500バーツででOK、在庫もあるよ、というところがあったので、
そこで交渉をストップして手を打つと伝えた。
その店もやっぱり奥の店から在庫持ってきた。
あんちゃん

「あんちゃん、オレはこのDuosへこのGalaxyS3に入ってる
マイクロSIMを指したいんだが、そのまま入るかね?」と聞いたら
「わかったよ、開けて見てみよう」ということで、二人で開けて
みたら、マイクロではなくて、フツーサイズのSIMのスロットだった。
「あんちゃん、アダプタないの?」って言ったら、また奥へ
引っ込んでこれをゲットしてきた。「It’s Free!」だって。
アダプタ
そらそうだろ、これならw
ちなみに左がiPhone4S、右がNexusone。

同じ店でSIMも買おうと思ったけど、どう聞いても「30日間で
no limit の3Gアクセスが60バーツだ」としか聴こえないので、
オレのヒアリング能力の限界を超えたので、SIMはあきらめて
戦線離脱。予定もあったしな。

いろいろこなしたあと、夜から設定開始。
設定に関しては別エントリーで。

 

この記事を書いた人:

Ryo Shirao
Ryo ShiraoITお父さん
半分老害のような小言・ラーメン・旧いクルマ・娘自慢・ネコ自慢・IT関連の事などをつらつらと書くフツーのお父さんです。主食は焼き鳥、餃子は飲み物です。日々のつぶやきはtwitter(@ryoshr)にて。facebookも ryoshr です。
blogの記事に対するコメントは、即時反映されませんので、ご注意ください。人力モデレートです。
whoami : http://about.me/ryoshr
twitter : @ryoshr
Facebook : @ryoshr
Linkedin : @ryoshr
Instagram : @ryoshr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です