(お父さん) アジフライ


「アジフライにはソースか醤油か」という問題が意外に反響が
あったので、調子に乗ってblogにしておく。

最初にオレのバックボーンから書いておくと、父親はとにかく
ソース、特にウスターソースの人だった。
揚げ物は天ぷらもソースの人だった。目玉焼きにもトマトにも
餃子にもシウマイにも容赦なくソースの人だった。
刺し身はさすがに醤油だったようだが、間違えてわさびソースに
してしまっても、「まあ大丈夫だよ」といって食べてしまう
ほどだった。あ、カレーにもちょっとかけてたな。
そんな父親を反面教師にしたので、原則ソースとは距離を置くのが
基本スタンスというのは、後出しの情報。

■アジフライ

とわいえ、フライ系の揚げ物はずっとソースだった。
しかし、上大岡のじぃえんとるまん(立呑屋さん)でアジフライを
頼んだら、ここはオーダー請けてから揚げてくれてあつあつで
出してくれるんだけど、そこで「醤油で食べてみて!」と言われて
食べて感動して以来、アジフライは醤油派。
あ、だから、昔から醤油派なんではなく、ニワカ、なんですよ。
facebookに醤油だろーって書いたら、塩派が意外に多かったので、
今度塩で食べてみる。
ちなみに実弟は頑なにソース派だ。

■餃子

餃子は飲み物。一応、語源を書いておくと、大阪へ行った時に
王将へ連れてってもらた。入店時に「ナマ3つと5人前」というように
もろもろをオーダーする前に焼餃子を注文するスタイルだった。
ということから「餃子は飲み物(のように注文するスタイル)」を
キャッチフレーズにしている。
で、餃子は何で食べるか。だいぶ長いあいだ、醤油+ラー油だった。
しかし、テレビで「酢だけ」、というのも見てから気に入ってしまい、
ずっと酢だった。数年前だったと思う。で、さらに、最近、会社の
同僚が、酢に大量の胡椒を混ぜて食べるスタイルを教えてくれて、
それ以来、酢に若干の胡椒を混ぜるスタイルが気に入っている。
辛いのが苦手なんで、胡椒は大量ではなく、若干。

■シチュウをご飯にかけるのは犯罪か?
長く論争になっている問題だが、オレはオンザライス容認派だ。
絶対にかけない、という派閥もあり、どちらかというとそっちの方が
多い気もするが、オレはご飯にかける幸せを重視する派。
とはいえ、ここ数年シチューらしきものを食べたことがないのだが。

■麻婆豆腐飯
じつは、これはないんだよなー。
だって豆腐入ってるじゃん。豆腐がまざった料理がご飯にのるのは
看過できない。麻婆豆腐とご飯は別で食べるのがジャスティス。

■目玉焼き
ずっと塩だった。
おっさんになってから醤油になった。なんでかしら。

■鶏の唐揚げ
マヨネーズうまーとか言ってられるのは30代までだぞ、お前ら。
先日某店でおすすめされたポン酢がなんと合うこと。
これからはポン酢だな。

<まとめ>
あくまでも「オレはこう食べる」を主張するだけであって、他の
食べ方を否定するものではないし、いっしょに食事をする時に
違う食べ方をする人がいても別に何事もなく楽しく食べるよ。
まあ、食べながらしゃべるネタ、ってことかしら。

この記事を書いた人:

Ryo Shirao
Ryo ShiraoITお父さん
半分老害のような小言・ラーメン・旧いクルマ・娘自慢・ネコ自慢・IT関連の事などをつらつらと書くフツーのお父さんです。主食は焼き鳥、餃子は飲み物です。日々のつぶやきはtwitter(@ryoshr)にて。facebookも ryoshr です。
blogの記事に対するコメントは、即時反映されませんので、ご注意ください。人力モデレートです。
whoami : http://about.me/ryoshr
twitter : @ryoshr
Facebook : @ryoshr
Linkedin : @ryoshr
Instagram : @ryoshr

1 thought on “(お父さん) アジフライ

  1. 揚げたてのサーモンフライを食べる機会は少ないと思いますが、こちらも醤油でいってみてください。
    醤油掛けアジフライにマスタードをちょい付けの変化球もオススメしておきます。
    基本、魚フライは醤油がイケる。
    マグロカツとかも。
    では、バイなら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です