911に想う(2011)


2011年9月11日の想いを書いておく。

(1)PORSCHE911
すみません、不謹慎だけど、おれにとって911はポルシェの日。
16年前に本牧についたあの赤い車が人生を変えたことは
間違いない。しかし、あの911のプロジェクトを友人に手渡して
から、 手元にあるのはクラッシックな普通のクーペが1台。
いろいろ考えて、なるべく早いタイミングで1964年のポルシェ
356を入手しようと想う。
平日の昼間にゴルフに行ったり、レースに出たりする気はない。
海外でのカンファレンスに出る気もあんまりないし、有名な人と
知り合うことにヨロコビは感じない。
ただ、今の生活に356が一台あれば、そのまま死んでも、
もしかして後悔しないかもしれない。言い換えれば、それほど
幸せということか。

(2)震災から半年
震災から半年たった。復興なんて進んでないんだと想う。
なにもできていない自分がいるが、今からでも何かをしたい。
今やってるプロジェクトが落ち着いたら、若い衆を連れて
ボランティアへ行きたい。体を動かしに行きたい。

(3)テロのこと
10年前のあの日、三宿のZESTでクルマで集まってちょっと
お酒も飲んでた気がする。あれから10年。この件に関しても
釈然としてないけど、世界中の人のココロが変わったきっかけ
だったんだと、今だと想う。どう変わったかは、それぞれ
だろうけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA