(時事) 「終戦のエンペラー」観た


(ネタバレ注意)

終戦記念日の前日、予告編を見て興味がわいたので「終戦のエンペラー」観て来た。
正直、もうちょっとドキュメンタリーに近いものを期待していたので、
ちょっと残念だった。事実への切り込みも甘かったし、
日本人女性とアメリカ人将校の恋愛のエピソードがあちこちに散りばめてあり、
結果としてなんだか、中身のうすっぺらいものに感じてしまった。
すべてが昭和天皇の最後のセリフを観客に聴かせるための伏線というか
前置きだとすれば、まぁ、許容範囲かも、という程度。
コーヒーのCMの宇宙人がちゃんとした映画俳優だったことは再認識できる。
日本的なあいまいの中で物事が決まって行くように見えるが、
実は誰かの強い意思で物事が決まり、進んで行く様を表しているようにも見える。
しかし、結局この映画の中では、戦争を始めたのが誰かも、
戦争を終えたの誰かも断定してない。なんだか釈然としない中で、
昭和天皇のセリフだけが印象に残った。

まぁ、考えれば、アメリカの映画が、オレの知りたいことをしっかり説明してくれて、
大満足できるわけないじゃんね。
夫婦で合わせて100歳だとひとり1000円だったので、許すけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA