(時事) 2020Tokyo オリンピックボランティアを辞退した。


開催まであと数週間というタイミングだが、ボランティアを辞退した。

理由を一言で言うと
何のためにやるのかわからないオリンピックのボランティアを何のためにやるかわからなくなったから

■オリンピックは何のためにやるのか
もう、全然わからない。じいさんがアベベだ東洋の魔女だを覚えてるからオリンピックやるの?とか思うわけで。そんなの意義でも何でもないでしょ。
安全とか安心とか感染防止とか言ってるけど、そこまでして何を成し遂げたいのか1mmもわからない。
選手と関係者の安心安全のための対策はごちゃごちゃやってるみたいけど、そのちょっとでも外側の人については自己責任に近い。
さらに言えば、それらの人びとの安全のために営業できなくなっている国内の飲食業や観光業は壊滅的な被害だ。直接的にはお店(飲食店ばかりではなくライブハウスとかもね)やホテル(旅館)自体の経営やそこで働く人、そして間接的にはその何倍もいるであろうそれらの業界の関連業界へも同様に壊滅的な打撃を与え、ウイルスで死ぬか貧困で死ぬかという選択に近いレベルと見聞きしている。
オリンピックの開催はそれらの業界の人だけでもなく、ほとんどの人々の安全と安心は無視されているように見えるし、生命の危機さえ感じる人も少なくないはずだ。まったく看過できない。
そんな犠牲の上で行われるオリンピックの意義がまったく説明されない。そのようなオリンピックの関係者となることはオレには無理だったということ。

■コロナ対策は自己責任
いや、ボランティア枠があってワクチンの先行接種あるでしょう、とたかをくくってたけど、まったくなし。6月11日から東京都の集団接種センターでもオリンピック関係者の接種も始まったっぽいけど、事務局から連絡がある人だけみたいだし。競技関係者だけっぽい。 住んでる自治体の集団接種や個別接種も含めて可能な限りの行動をしてみたが、開会までに2回目までを済ます手段はなかった。
選手は毎日PCR検査するかもしれないけど、ボランティアが運転するクルマに乗る皆さん(後述)は選手ほど厳密に管理されてないんだから当然リスク高いのに、クルマという密室の中で何時間も一緒に過ごす濃厚接触するのに、ワクチン接種してくれないとか、もうどんだけボランティアの奉仕精神に依存しているんだか。まあ、バカにしてるとまでは言わないけど、口で言ってるほどは尊重してないよね。当然、オリンピック開催にすら懐疑的な同居家族がそんな状態でボランティアすることに同意してくれるわけもなく。ずっと自粛してなんとかこれまで無事で来てるのに、ワクチン接種直前でそんなリスク高いボランティアしに行くとか、バカなの?しかも無給で?何の宗教?という感じになるのは、何の疑問もないし、どっちかというと正しい。

■そもそもの動機からはなんだか違う話なってるし
元々スポーツが好きでもなんでもない。時々ランニングはするけど、野球は観ないし、サッカーも代表戦をテレビで観るだけ。格闘技全般に興味はないし、ゴルフもしたことないし笑。でも、クルマの運転は好きだったので、ボランティアの募集項目の中に「運転」がとあるのを見つけ、それならこのイベントの「中の人」になってblogやSNSでのネタにできればいいかな、くらいの軽い気持ちでエントリーした。当然、選手を乗せるんだろうな、としか想像していなかった。パラリンピックの選手なら、クルマでの移動はきっと必須だよなーとか勝手に想像したりして。
何回かの研修に参加し、リモート研修もクリアして、先日のGW明けの集合研修でようやく明らかになったのは、「ボランティアの運転するクルマには、選手は乗らず、IOCの関係者か各国のオリンピック委員会の人しか乗らない」ということだ。
無駄にたくさん来るって話題になって人数をだいぶ減らしたらしいけど、それでも選手の数の数倍の数のゲストが来て、ボランティアの運転するクルマに乗ってホテルから競技会場へ移動する、ってことらしい。「何のためにやるかわからないオリンピックに何のために来てるのかよくわからない選手じゃない人」を乗せるために時間使ってエネルギー使って無給で運転するほどオリンピックを愛してないし。冷静になったらメリットがひとつもないことに気がついた。

■承認はしたものの、スケジュールは過酷
オリンピック・パラリンピックでのシフトのオファーが来たのはGW前。仕事のスケジュールと見比べながら土日を中心に入れて、平日は極力減らしたものの、早い日は朝6時に選手村集合、遅い日は24:30に選手村で開放みたいなシフト。ボラティアも選手村に前乗りさせてもらえないと間に合わない人もいるんじゃない?とか終電終わってますやん?とかツッコミどころ満載のシフト。当時はまだやる気もあったので、土日いれて週に3回〜6回のシフトを承認した。拘束時間は7〜8時間ほど。よく考えたら待ち時間中にリモートワークして補完したとしても、残った日数と時間ではまともな仕事はできないというか、仕事辞めなきゃいけないレベル。ボランティアへ応募した当初はスポーツ関連企業の正社員だったので、何とか対応できたかもしれないが、今の非正規雇用の状況では流石に厳しいことに気がついた(遅)。オレには無理。

■研修も行ったしユニフォームも預かったけどさ
集合研修は2回行った。最初は2019年2月の全体研修。よくある会社の研修みたいなチームワーク研修と希望のヒアリング。有楽町であった。
2回目は2019年10月はもうちょっと突っ込んだ内容の主に多様化に関する研修。これは代々木のオリンピックセンターであった。その後はコロナ禍が始まってしまってしばらく何もなくて、2021年5月に築地市場の跡地での実車研修があって、その後ユニフォームの貸与という流れ。それ以外にもE-Learningのコンテンツが毎月送られてきてたかな。どれは必須でどれが任意なのかとかがわかりづらくて、今でも必須のものをクリアしている自信がない。だった、英語版が必ず掲載されるから、原則半分は観なくていいコンテンツなんだから。ユニフォームは全部アシックス製。個人的にはポロシャツ3とかパンツ2ときて、ソックスが1というのがバランス悪いなあ、と思ったけど、もうすぐ返すからどうでもいいか。

■関係者の皆さんごめんなさい。
こんな開催直前に辞退することによって、多くの人にご迷惑がかかることは重々理解しています。上記のようなことは元々決まっていて、それを理解していなかったオレに責任があることは承知しております。大変申し訳ありません。ただ、コロナによって、オリンピックがただのお祭りではなく、何のために誰のためにやるイベントなのかということを考え直させられたということはあるかと思っているし、これまで「お祭りなんだからそのへんは言わないってことで(てへぺろ)」なんていうファジーな説得では安易に参加できないほどのリスクと感じている人がいる、ということはご理解賜りたく。
というわけで、オリンピックは家でテレビで観ることにする。

(お父さん) 震災の時、ドライバーをしたこと


昔むかし、facebookの投稿には文字数制限があって。
ちょっと長く書こうと思うと、「ノート」というfacebook内のアプリを使う
必要があった。いつの頃から、文字数制限はなくなって、ノートに書いたことは
埋もれそうになっている。というわけで、震災の年、2011年3月21日にノートに
書いたことをこっちに再掲載しておく。

-----

(地震) 弾丸ドライバーボランティア報告(女川)
2011年3月21日 13:50

<きっかけ>
前職時代の知人が紹介してくれた「弾丸ドライバー」募集のtweet。
何も考えずとりあえずRTしてエントリー。電話では金曜の晩出発かもと言われたが、
とりあえず金曜はナシ。あっても土曜の晩出発、との連絡あり。

<呼び出し>
明けて土曜日、連絡はもらえなかったので、午後電話してみたら、「今晩の便は人が
足りたので、今週末は大丈夫かも」とこと。娘と売り切れ続出のヨーカドーを
見に散歩に出て、ヤキトリを買って帰って、ビール開けてさぁ、飲もう、
というところで電話。
「今晩いけますか?」
とりあえず「行けます」とだけ答えて準備開始。
嫁さんが心配しているのは安全だけではなく、そのボランティアのバックグラウンド。
本当に善意の人なのか?特定の政治団体や宗教団体と関係があるのではないか?
行き先はどこなのか?と当たり前のギモンをぶつける。

そりゃそうだ。被災地のために何かできる、というイキオイだけで舞い上がっていて、
そういうところをまったくケアしていなかった。ただ、行かない前にそれがわからない
という理由だけで断るのもいかんな、と考えとりあえず指定の9時に集合場所の都内
某所へ行ってみた。

宅配便の集配所のようになっているが、CMの制作会社のオフィス兼スタジオらしい
(後できいた)。入り口に同じ会社のクニがいるのを発見。なんだ、そういうことか。
まぁ、わかってしまえば、安心。ここでは詳細は置いておくけど、決してアヤシイ
ものではありません、ということはわかった。

到着直前に電話あって、「出発、明朝の5時に変更なんですが」と言われてましても、
その時間にここに到着する時間がありませんので仮眠させてください、とお願い。
地下の会議室の床で支援物資のふとんを借りて仮眠して朝を待つ。

<出発>

果たして、明るくなって、だんだん人が集まって来て、結局出発は7時ちょい前。
トラック1台とマイクロバスで東北道へ。蓮田で合流するトラックの運転要員に
アサインされたので、蓮田まではトラックの助手席。北へ向かうタンクローリーを
何台も目撃。早く早く。

<仙台>
白石付近で交差する新幹線の高架線が斜めになっているのを発見したあたりから
東北道に段差が増え、緊急工事をした跡も多く、トラックが縦揺れを始める。
仙台市内まで運転して、プロドライバーのS氏へ運転を交代。
助手席でUSTを始めたら、路肩にガソリンスタンドへ続く長い車列。1kmはあった
かな。国道45号線、多賀城の中野栄という駅を過ぎたくらいから、道路の両側に
ようやく原型をとどめたレベルのクルマの残骸が路肩に並んでいる。
津波にで流されて道の真ん中にあったクルマを寄せたんだろう。通りの左右に並ぶ
店や駐車場には積み重なったクルマ、ひっくり帰ったクルマなど多数。
地図を見たら、仙台塩釜港のスグ近くなのね、そのへん。
屋根やボンネットに白い紙がはってある、納車前の新車らしい被害車とかもあった。
クルマが傷んでいる姿は本当に悲しいし、オーナーの気持ちは察するにあまりある。
市内の関係者と調整して目的地は女川へ決定。三陸自動車道経由で女川へ向かう。
途中、津波ではなく、川のはん濫で被害を受けた地域も通過。
多分、陸前稲井あたりで旧北上川がはん濫したのだと思われる。
また、万石浦でも、湾が溢れて石巻線の線路を海水が襲ったあとがあった。
このあたりから携帯は全部圏外。

<女川>
女川バイパスで峠を超え、下り始めたら、そこは津波の被害を受けていた。

とにかく、「かなりの標高のところまで」「根こそぎ」やられている。
街の高台にある市民会館みたいな建物でも、そこまで波が来たことがわかる。

多分、5階か6階の高さまで水に使ったのだと思う。クルマがいろんなところに
想像を絶する形でひっかかっている。それぞれは重たい金属のカタマリなのに。

大きな鉄筋のたてものも、かろうじて残ってはいても、屋上まで水につかって
しまっているし、まっすぐ立ってないものも多い。

本当に「根こそぎ」だ。
そして、かなり高台の上でも磯の匂いが強い。

<物資>
物資を貯蔵している第二小学校の体育館には、物資は比較的たくさんあった。

取りに見えたと思われる地元の人は申し訳なさそうに、一箱とか二箱をお持ちに
なる程度。クルマで来て「XX地区でーす」という方々も控えめに数箱お持ちに
なるだけ。すぐ近くに避難所があるが、そこへ行って被災された方々と直接
会うのはあきらめた。どんな言葉もかけられないと思ったし。「がんばって」
なんて言えないと思った。がんばるのはこっちだ。
そして、この倉庫にある支援物資を被災者の方々(避難所にいる人、かろうじて
自宅にいられる人の両方)にちゃんと渡る算段と段取りをやって欲しいと思った。
どんどん届く物資の前で担当しているであろう人は既に無力感満載だった。

この役目は被災者ではなく、物資を持って来た側が責任もってやるべきだろう。
置いて来ることは、援助の中で50%も済んでいないと思った。持って行くほうは
これで大丈夫、99%済んだと思うかもしれないが、実は半分もいってない。
その先がタイヘンなんだと知った。

<帰り>
万石浦の満潮(?)で海水が溢れて、道路が冠水していた。水深30cmくらいは
あったか。その後しばらくブレーキの片効きに悩まされた。

三陸自動車道+東北自動車道を弾丸で帰って、トラックの都合で解散は
東西線西葛西駅で22時半くらい。自宅到着24時ちょっと前。
オツカレ。
家族といっしょにいられること、温かいものが食べられること、ビールが
飲めること、どれも普段は当たり前だけど、本当に大事なことと知った。
撮ってきた写真を見てたら涙が止まらくなった。
ボランティアらしいボランティアは実は初めてだったが、やってよかった、と
いうことよりも、自身への問いかけが多くのこった体験だった。