(介護) みよちゃんシーズンⅡ


7月に、とある施設へ入所した義母のみよちゃん。
結局、帰ってきた。

入所したとはいえ、水温管理に問題を抱えたうちのクルマはアテにならないので、
盛夏にもかかわらず、電車で平塚の施設まで嫁さんは週に数回は通っていた。
毎日の介護がなくなったので、物理的には楽になっていた我々だが、
施設にいたみよちゃんの扱われ方は、娘としてはがまんできなかったようだ。

これは、施設側の問題でもなんでもない。本当にしかたのないことだ。
「要介護5」の人は、頭がしっかりしているけど、自分で立てない人も、
痴呆でわけのわからなくなった人も介護レベルはこの数字で表現される。

みよちゃん、脳溢血の後遺症で半身に麻痺があるものの、意識はしっかり
してるし、ボケはほとんど出てない。
また、さらに、みよちゃんは嚥下能力にも麻痺があったので、胃ろうといって、
おなかにプラグを装着していて、食事は経口ではなく、そこから入れる。

「要介護5」かつ「胃ろう」の人を安全に、手間をかけずに扱うには、こう扱う
というマニュアルに従うと、自宅介護とは逆の方向の介護になる。
トイレには座らせず、でかいオムツを半日つけっぱなしとか、服は3日着たままとか、
食事は同じ条件の人を一箇所に集めて、とか。
重ねて書くが、この施設の問題ではない。施設が悪いわけでもないし、異常では
ないはずだ。よほど高級な介護付き老人ホームでなければ、そうなるんだろう。

嫁さんからやっぱり家で介護したいという申し出があった時、断る理由はなかった。
そんなわけで、シーズンⅡが始まった。

みよちゃんも嫁さんもシーズンⅠよりも落ち着いていて、笑顔も多い。
今回は、前回とケアマネージャーさんをチェンジして、ケアプランも若干変更に。
とはいえ、朝の送り出し担当となる日もあるので、職場の仲間にもちょっとだけ
迷惑をかけることになるかもしれない。ご理解くだされ。

IMG_1819

この記事を書いた人:

Ryo Shirao
Ryo ShiraoITお父さん
半分老害のような小言・ラーメン・旧いクルマ・娘自慢・ネコ自慢・IT関連の事などをつらつらと書くフツーのお父さんです。主食は焼き鳥、餃子は飲み物です。日々のつぶやきはtwitter(@ryoshr)にて。facebookも ryoshr です。
blogの記事に対するコメントは、即時反映されませんので、ご注意ください。人力モデレートです。
whoami : http://about.me/ryoshr
twitter : @ryoshr
Facebook : @ryoshr
Linkedin : @ryoshr
Instagram : @ryoshr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です