(時事) コロナ禍での親戚づきあいを考える


いろんな考えはあるだろうけど、会いたい気持ちと来てくれて嬉しい気持ちは優先してもいいかも、という話。
プライベートな情報を含む話題にて、ぼやかしてる表現が多くて分かりづらい点が多いことは事前にお詫びさせて頂くとして。
両親ともに石川県金沢市出身なので、オレの親戚は金沢に集中している。

その中で母の妹(叔母)の体調が悪いとの情報をキャッチ。今日明日死んじゃうわけじゃないけど、余命を短くする可能性が高いとのこと。
そういう時に、都会にいる親族連中は「行くな」しか言わない。来られた方は迷惑だろうし、どこに泊まる?とか、ご飯どうする?とかで面倒くさい話がちょいちょいあるわけで。まあ、それはそれで間違ってはいないかもしれない。というか、お互い気をつかうわなあ。昭和の頃からの親戚つきあいってそんなもんかもしれない。でも行ってきた。アポなし。まあ、新幹線で3時間弱だし、果てしなく遠い距離ではない。目的の人に会えなくても金沢でうまいもん食えばいいしな、的な感覚にて。
従兄弟仲間でLINEグループ作って事前の根回しとか、ちょっとしたサプライズ企画もしたし、便利なツールを活用したわな。
結果的には会いたかった人には会えたし、多分、喜んでもらったとは思う。
実際に同じ場所にいて言葉を交わすことの重要性は、ネットミーティングがスタンダードになった今でも変わってないし、逆に重要というか大切だとも思う。
でもね、いくらコロナ禍だからっていって、今会っておかないと、葬式の写真の中でしか会えなくなる人に対してどう付き合うかってだれか正解持ってるのかしら。
誰とも会わず、濃厚接触をせず、家族や親戚とも会わずに命を永らえることと、お互いに歳を重ねた親族と会って、万が一何かに感染して治療を受ける必要が出てくることのメリットとリスクをトレードオフした時にどっちがハッピーか?という問題には答えはないのかもしれない。なんとか株だからどう、とか、みんな本当に理解して対応してんの?と思う。
当然、ショートステイに来る老人が県外からの来訪者と会っていたことによって施設でクラスターが発生するリスクがあるのは理解はしているつもり。
「リスクマネジメント」の観点から言えば、全てのリスクを排除することは、コスパの面で妥当性がないことは明らかで、ある程度のリスクは許容することによって、適切なリスクマネジメントがなされるということはロジックがあるわけだが、今のコロナに関するリスクマネジメントはあまりにもロジカルでないし、サイエンスがないと感じている。コロナ禍だからといってヒステリックになるのではなく、冷静にリスクマネジメントをした上でQOL(Quality Of Life)を考えることが全体の幸福量が増えるんじゃないかなあ。サイエンス不在はお互い様ってことで。
偉そうな事はこれくらいにしておいて、果たして今回お見舞いに行った年寄りは総じて喜んでくれていたように思うのは前述の通り。ついでに他の親戚にも会いに行ったけど、ガラス越しにしか対面できなかった人もいれば、15分以内に風通しのいい玄関だけでという人もいた。でもね、迷惑そうにされた感覚は1mmもなかった。当方が鈍感なだけかもしれないが。
コロナ禍になって、もともと存在していた意識や感覚の差が顕在化して、分断が進んだようにも感じている。しかし、許容される範囲の中で最大限の愛情表現をすることは決して批難されることではないと思った。いろんな制限があるかとは思うが、会いたい人には会いに行くことは悪いことじゃないと思った次第。反論はお伺いします。

(時事) 緊急度と重要度


なかなかいいネタがなくてblogの更新が滞りがちだったが、最近じんわり考えていることを書いておく。
もうね、自分に振られたタスクの重要度と緊急度を考えてプライオリティをつけろ、なんて話はいろんな本に書いてあるだろうし、いろんな研修で教わるからみんな頭ではわかってるんだろうけど、どうしても人間ってーのは緊急度の高いタスク(話題)に引っ張られて(注意が行ってしまって)、重要度が高いにもかかわらず放置されているタスク(話題)がどうしても多くなる。だから重要度の方を意識すべきだよねーということを学ぶチャンスはいくらでもあったはず。
しかし、多くの人々(オレも当然含まれる)はぼーっと生きてるので、緊急度の高いネタをクリアしたら、あとはぼーっとしてるだけだ。
喉元過ぎれば、なんとかの法則だ。
だけど、ある日、重要な問題が顕在化した時、それまでこなしてきた緊急度の高い問題と同じように小手先で解決しようとしてしまうが、当然解決などするわけもなく、キーーーーってなってる日本人のなんと多いことか。あ、日本人に限らないのか。
皇族の女性が結婚相手を決めるプロセスだったり、国会議員が経費としてもらうお金のことだったり、コロナに対する国の政策決定のプロセスだったり。
結果として、トンビが油揚げをさらっていくし、日割りだけど領収書不要みたいな100点満点でいえば2点みたいな改革(微修正)があったり、現場感のない3回目摂取が決まったりするだけ。
重要ではあったにもかかわらず、「まあ、明日困ることじゃないから」と言って放置されてきた物事の緊急度がちょっとあがっただけで急に騒ぎ始める。そしてどれもこれも「昨日今日始まったことじゃないから」って言って直せない理由をこじつけて、結局、重要なタスク(問題)が結果として放置され続けてる。どうなってるんだ、ニッポン。
みずほ銀行のシステム障害の問題は顕著だけど、これに相似した大企業のお粗末事案は身近にもたくさんあって、ため息をつくばかり。だから、自分ができる範囲で重要度の高いテーマへの注目と解決への着手はしようと思う。当然、皇族の問題にも国会議員の問題にも国策にも影響を与えられる行動はできないけれど、手が出せる重要度の高い課題は看過せず、目を向け、対応していなかいといけないと思う次第。あ、政治家にはならないよん笑。

(時事) 2020Tokyo オリンピックボランティアを辞退した。


開催まであと数週間というタイミングだが、ボランティアを辞退した。

理由を一言で言うと
何のためにやるのかわからないオリンピックのボランティアを何のためにやるかわからなくなったから

■オリンピックは何のためにやるのか
もう、全然わからない。じいさんがアベベだ東洋の魔女だを覚えてるからオリンピックやるの?とか思うわけで。そんなの意義でも何でもないでしょ。
安全とか安心とか感染防止とか言ってるけど、そこまでして何を成し遂げたいのか1mmもわからない。
選手と関係者の安心安全のための対策はごちゃごちゃやってるみたいけど、そのちょっとでも外側の人については自己責任に近い。
さらに言えば、それらの人びとの安全のために営業できなくなっている国内の飲食業や観光業は壊滅的な被害だ。直接的にはお店(飲食店ばかりではなくライブハウスとかもね)やホテル(旅館)自体の経営やそこで働く人、そして間接的にはその何倍もいるであろうそれらの業界の関連業界へも同様に壊滅的な打撃を与え、ウイルスで死ぬか貧困で死ぬかという選択に近いレベルと見聞きしている。
オリンピックの開催はそれらの業界の人だけでもなく、ほとんどの人々の安全と安心は無視されているように見えるし、生命の危機さえ感じる人も少なくないはずだ。まったく看過できない。
そんな犠牲の上で行われるオリンピックの意義がまったく説明されない。そのようなオリンピックの関係者となることはオレには無理だったということ。

■コロナ対策は自己責任
いや、ボランティア枠があってワクチンの先行接種あるでしょう、とたかをくくってたけど、まったくなし。6月11日から東京都の集団接種センターでもオリンピック関係者の接種も始まったっぽいけど、事務局から連絡がある人だけみたいだし。競技関係者だけっぽい。 住んでる自治体の集団接種や個別接種も含めて可能な限りの行動をしてみたが、開会までに2回目までを済ます手段はなかった。
選手は毎日PCR検査するかもしれないけど、ボランティアが運転するクルマに乗る皆さん(後述)は選手ほど厳密に管理されてないんだから当然リスク高いのに、クルマという密室の中で何時間も一緒に過ごす濃厚接触するのに、ワクチン接種してくれないとか、もうどんだけボランティアの奉仕精神に依存しているんだか。まあ、バカにしてるとまでは言わないけど、口で言ってるほどは尊重してないよね。当然、オリンピック開催にすら懐疑的な同居家族がそんな状態でボランティアすることに同意してくれるわけもなく。ずっと自粛してなんとかこれまで無事で来てるのに、ワクチン接種直前でそんなリスク高いボランティアしに行くとか、バカなの?しかも無給で?何の宗教?という感じになるのは、何の疑問もないし、どっちかというと正しい。

■そもそもの動機からはなんだか違う話なってるし
元々スポーツが好きでもなんでもない。時々ランニングはするけど、野球は観ないし、サッカーも代表戦をテレビで観るだけ。格闘技全般に興味はないし、ゴルフもしたことないし笑。でも、クルマの運転は好きだったので、ボランティアの募集項目の中に「運転」がとあるのを見つけ、それならこのイベントの「中の人」になってblogやSNSでのネタにできればいいかな、くらいの軽い気持ちでエントリーした。当然、選手を乗せるんだろうな、としか想像していなかった。パラリンピックの選手なら、クルマでの移動はきっと必須だよなーとか勝手に想像したりして。
何回かの研修に参加し、リモート研修もクリアして、先日のGW明けの集合研修でようやく明らかになったのは、「ボランティアの運転するクルマには、選手は乗らず、IOCの関係者か各国のオリンピック委員会の人しか乗らない」ということだ。
無駄にたくさん来るって話題になって人数をだいぶ減らしたらしいけど、それでも選手の数の数倍の数のゲストが来て、ボランティアの運転するクルマに乗ってホテルから競技会場へ移動する、ってことらしい。「何のためにやるかわからないオリンピックに何のために来てるのかよくわからない選手じゃない人」を乗せるために時間使ってエネルギー使って無給で運転するほどオリンピックを愛してないし。冷静になったらメリットがひとつもないことに気がついた。

■承認はしたものの、スケジュールは過酷
オリンピック・パラリンピックでのシフトのオファーが来たのはGW前。仕事のスケジュールと見比べながら土日を中心に入れて、平日は極力減らしたものの、早い日は朝6時に選手村集合、遅い日は24:30に選手村で開放みたいなシフト。ボラティアも選手村に前乗りさせてもらえないと間に合わない人もいるんじゃない?とか終電終わってますやん?とかツッコミどころ満載のシフト。当時はまだやる気もあったので、土日いれて週に3回〜6回のシフトを承認した。拘束時間は7〜8時間ほど。よく考えたら待ち時間中にリモートワークして補完したとしても、残った日数と時間ではまともな仕事はできないというか、仕事辞めなきゃいけないレベル。ボランティアへ応募した当初はスポーツ関連企業の正社員だったので、何とか対応できたかもしれないが、今の非正規雇用の状況では流石に厳しいことに気がついた(遅)。オレには無理。

■研修も行ったしユニフォームも預かったけどさ
集合研修は2回行った。最初は2019年2月の全体研修。よくある会社の研修みたいなチームワーク研修と希望のヒアリング。有楽町であった。
2回目は2019年10月はもうちょっと突っ込んだ内容の主に多様化に関する研修。これは代々木のオリンピックセンターであった。その後はコロナ禍が始まってしまってしばらく何もなくて、2021年5月に築地市場の跡地での実車研修があって、その後ユニフォームの貸与という流れ。それ以外にもE-Learningのコンテンツが毎月送られてきてたかな。どれは必須でどれが任意なのかとかがわかりづらくて、今でも必須のものをクリアしている自信がない。だった、英語版が必ず掲載されるから、原則半分は観なくていいコンテンツなんだから。ユニフォームは全部アシックス製。個人的にはポロシャツ3とかパンツ2ときて、ソックスが1というのがバランス悪いなあ、と思ったけど、もうすぐ返すからどうでもいいか。

■関係者の皆さんごめんなさい。
こんな開催直前に辞退することによって、多くの人にご迷惑がかかることは重々理解しています。上記のようなことは元々決まっていて、それを理解していなかったオレに責任があることは承知しております。大変申し訳ありません。ただ、コロナによって、オリンピックがただのお祭りではなく、何のために誰のためにやるイベントなのかということを考え直させられたということはあるかと思っているし、これまで「お祭りなんだからそのへんは言わないってことで(てへぺろ)」なんていうファジーな説得では安易に参加できないほどのリスクと感じている人がいる、ということはご理解賜りたく。
というわけで、オリンピックは家でテレビで観ることにする。

(時事) おかしくない?自転車の左折レーン直進


そんなに一生懸命チャリに乗っているわけではない。恥ずかしくて「バイク」とは書けないレベル。とはいえ、自動車の運転免許を保持しているので、交通法規は一応理解してるつもり。だから、自転車は軽車両であり、原則車道を走行は守っている。例外的に歩道に「自転車歩道走行可」の標識がある場合のみ、歩道を走ることもあるが、最近では歩道を通る時はチャリを降りて押すようにしている。歩行者との接触は自転車側の過失割合が高いらしいしな。損害保険にも加入して人身事故にも備えたりはしている。自動車保険の契約を解約したため、その手の特約もなくなってしまったので、個別に保険契約した。

というわけで、上記標識があったとしても基本は車道の左端を走行するわけだが、都心の広い通りの交差点では「左折レーン」なる車線があって、このレーンの自動車は左折しかできず、直進してはいけない。左折しようとするとそのすぐ先に横断歩道があって、歩行者がいれば自動車が停止しなければならず、結果として後続の直進車の通行を妨げないためだったりするのであろうとは想像している。

車輌としての自転車はこの交差点を直進する場合には当然その一本右の直進レーンを直進するのが正解、と思い込んでいたのだが、最近増えて来た自転車走行帯を表す青い目印は左折レーンを直進している。違和感があって、そういうことに詳しい友人の話を聞いていると、直進する自転車は左折レーン(一番左のレーン)から直進で正解とのこと。マジか。

チ ャ リ は 左 折 車 輌 に 巻 き 込 ま れ て 死 ん で し ま え と い う こ と か 。

「自転車は車両だから車道を走行」
「軽車両は車道の左端を走行」

この2つを併せると左折専用レーンの存在の説明がつかなくなるってことなのか。

最近のJAF Mateでもやっぱり左折レーンから直進と書いてあるが、その理由までは言及されていない。13年超車への重課税反対では立場を同じにするJAFさんにはぜひ、「なぜ自転車は左折レーンを直進しないといけないのか?」という理由を5ページくらい先でタネ明かしして欲しいものだ。

第一車線は左折専用、第二車線からも左折していいこの交差点でもやっぱり直進するチャリは第一車線を直進しろということらしい。こういうのみちゃうと「自転車って歩行者と扱い一緒でいいんじゃね?」って誤解しちゃう人が増えるのではなかろうか。

そして、左折専用レーンがあるくらい大きな交差点においては、「左折可」という信号が出るところがある。交差する道路の右折信号が出ているタイミングで歩行者が左折車を妨げないタイミングで左折車を通してしまおうという作戦なのだが、当然、このレーンにいる直進チャリは後続の左折自動車が自分のすぐ横をびゅんびゅん通ることになる。よって、そのために退避場所を設定してある交差点もある。

でもこの場所、運転免許を持ってないヒト達に「左折レーンを直進する自転車が、左折可の信号の間避難していい場所」ってこと、理解されないと思うんだよ。難解過ぎるでしょ。比較的よく通る場所なんだけど、ここに退避してるチャリ、見たことないしな(笑)。
そういえば昔、二輪用の停止線が四輪用のよりも前にあった時代もあったよな、って思って検索したけど、これ廃止されたらしいね。
これがあればまだ安全な気もするけど、左折可信号の時は後ろからクラクション鳴らされちゃうか。それにしてもこれ、なんでなくなったんだろう。

丸亀つーしん

そんなわけで、車両である自転車は自動車と同じ車線ルールに従い、直進レーンから直進するのが、理屈としても安全面を考慮しても正解と思うのだが、オレ、何か誤解しているのかしらん。自動運転のクルマは左折時の巻き込みをどこまで防止できるのか。人間でも検知は至難の業だしなあ。

(IT) 1年間無料で使えるAndroid端末をほぼタダでゲットする方法(楽天モバイル)


携帯乞食(敬称)な友人たちがこぞって契約していたので、多分お得なんだろうとは思っていたものの、詳しく自力で調べるのが面倒で放置していた楽天モバイル、リアル飲み会の時にざっくり聞いたので、契約してみることにした。

まとめると、
・エリアが狭いが、楽天圏内だと通話も通信も最初の1年は無料、2年目からは2980円。
・Rakuten Linkというアプリを使えば楽天圏外でも通話も無料。
Rakuten Miniという小さい端末が1円だったが今は納期未定で1円ではない。
Galaxy A7というAndroid端末は17000円だけど、ポイントで15000円分返って来る。
・友だちから紹介コードもらって契約すると、友達に3000ポイント、自分に2000ポイント。

というわけで、実質ほぼゼロ円で1年間使い放題の新しいAndroid端末がもらえる、ということだ。

初回の申し込みはしくじった。
納期未定のRakuten Miniを選択してしまったのは金曜の夜。Webにはキャンセルのページが見当たらない。携帯乞食(敬称)に聞いたら「そういうのは電話だな」だそうで。
翌朝9時から電話をした。いくつかの番号を押したら、保留になった。ハンズフリーになって待つこと30分(楽天クオリティその1)。しかたないんだ、タダなんだからと自分に言い聞かせて待った。
機種の途中変更はできないとのことだったので、キャンセルとしてもらったが、注文が「免許書写真が不鮮明」という理由で途中で保留された状態らしく、キャンセルに数日かかる(楽天クオリティその2)のと、通知は行かないので、マイページを時々確認してくれ(楽天クオリティその3)、とのことだった。その後数日マイページにログインすると「申込みが保留状態です。免許証の写真を再度送信してください」という画面になっていた。

まつこと5日(楽天クオリティその4)。木曜の朝になって、ようやく保留中の画面がでなくなったのでWebで手続き再開。Galaxy A7を選択し、乞食の一人からもらったコードも入力。1年後に解約したあと端末の割賦が残ってると面倒くさいので、一括払い。解約した時はWifiで使うAndroid端末にすればいいかな、と。タダだしな。SIMフリーにできる方法があれば、それで。
端末の送り先は楽天の会員登録のある住所(免許証の住所と同義)しか選べないのだが、留守がちなのと、すぐに端末が欲しかったので、店頭受け取りを指定した。
5つある手順のうちWebでは4つ目まででおしまいで、その後はメールで送られて来たQRコードを店頭で提示して手続きを進め端末を受け取るということだった。
リモートワークしてる場所から一番近いのは、家電量販店にあるショップだったんだが、サイトには「来店予約をしてから来店してください」と書かれているが、地図ページに来店予約のボタンがない(楽天クオリティその5)。サポートのチャットに問い合わせをしてみた。

そしたらなんと、来店予約ができるのは直営店だけで、「ショップ」というところでは継続の手続きはできない(楽天クオリティその6)し端末も渡せない、とのこと。「でも『直営店』って地図でわからないですよね?(楽天クオリティその7)」「ピンをクリックして『来店予約をする』ボタンがあるところが直営店ですキリっ(楽天クオリティその8)」まじかw
例えば東京駅周辺の地図を見ると、秋葉原に2箇所、東京駅に3箇所、有楽町に2箇所ありそうに見えるが、その中であたりは東京駅の1箇所だけで、あとはハズレ(来店予約ボタンがない)だ。

ようやく近くの直営店を探し当て、来店予約をポチっとな。そしたらなんと、予約できるのは翌日以降で当日はできない(楽天クオリティその9)。しかたないので、予約しないで直営店へ突撃。

お客さん一人もいなくて、すぐに手続きしてもらえて、無事端末をゲット。
「お客様、Webで完結してないので、Web申し込みポイントの3000ポイントはつきません(楽天クオリティその10)」まじかw
とはいえ、申込みを開始して3時間で端末をゲットできた。それはまあまあかな。

久しぶりのAndroid端末の設定をしつつ、Nexus7で使っていたOCNのモバイルone(いわゆる格安SIM)をそっと解約しておいた。

<後日追記>
「Rakuten Link」という専用アプリで通話を10秒以上、SMS送受信を1回以上しないと特典が受けられない(楽天クオリティその11)らしいので、注意。